関節痛などの痛みにはボルタレンを使いましょう

熱を下げる効果や筋肉や関節の痛みを軽くする効果があることから、我慢できない関節痛に悩んでいるようならボルタレンを使用すべきであると言えます。
座薬や胃腸薬などと併用して利用できるようになっているため、関節痛以外の症状にも苦しんでいる場合でも安心だと言えるでしょう。
ただ全ての座薬や胃腸薬との飲み合わせがいいわけではないので、事前に調べておくか最寄の病院で医師に使用上の注意点の確認を行なうことを推奨します。

ボルタレンは非ステロイド抗炎症薬となっていますので、スポーツ選手などステロイドに敏感な方でも安心して利用できるようになっています。
ステロイドを身体に使用した際に発生する作用が一切起こりえませんので、ドーピング検査がある直近の期日にも関節痛対策としてボルタレンは使えるようになっているのです。
非ステロイド抗炎症薬はスポーツ選手の必需品だと認識しておきましょう。

ボルタレンは塗り薬のようなタイプもあればテープタイプの貼り付けるような商品も販売されています。
どちらの商品も関節痛に対してしっかりと効果を与えてくれる上に、第2類医薬品扱いとなっているため一部の商品に関しては医師の処方箋なしでドラッグストアやインターネット通販サイトから購入できるようになっています。
急に関節痛が発生した際や、ストックが切れてしまった際などでも気軽に特定の銘柄を入手できるものと捉えておきましょう。

身体に対して本当に害がないのかが気になるといった方でも、ボルタレンの主成分のひとつであるプロスタグランジンを調べてみれば安心できると言えるでしょう。
適切な量を使用するならプロスタグランジンが人体にネガティブな影響を与える可能性は極めて少ないからです。
副作用の信頼をすることなく辛い関節痛の症状のみを取り払うことがボルタレンでなら可能なので、スポーツに携わっていない方でも加齢が原因で突如として発生する関節痛に備えて、ボルタレンを常備するのが賢い選択だと言えるのです。

ボルタレンと胃腸薬を併用しましょう

ボルタレンは、服用を続けることによって胃腸炎や消化器潰瘍などといった症状があらわれる場合があることが知られています。
そのため、ある程度長期間服用する場合は胃腸薬と併用することが推奨されていますが、その理由はボルタレンの有効成分であるジクロフェナクの作用の仕方にあります。

ジクロフェナクには、プロスタグランジンという生理活性物質の生成に関与するシクロオキシゲナーゼと呼ばれる酵素を阻害する作用があります。
このシクロオキシゲナーゼには、胃の粘膜の保護や血流の維持などに関与するものと、炎症や癌細胞の増殖に関与するものの2種類があります。
ジクロフェナクはこれら2種類のシクロオキシゲナーゼをどちらも阻害してしまいます。
ボルタレンの消化器症状を防ぐために胃腸薬を用いる必要があるとされているのは、この作用機序によるものです。

2種類以上の医薬品を同時に投与するとき、組み合わせによっては作用が強くなったり、逆に弱くなってしまったりすることがあります。
しかし、ジクロフェナクと胃腸薬については相互作用が起きる可能性はほぼないと考えられており、実際に関節痛などの患者にボルタレンを出す際に胃腸薬を一緒に処方する医師は大変多いです。

実は、ここまで述べたことはボルタレンに限らず、非ステロイド抗炎症薬全般にあてはまります。
関節痛の治りがよくなかったり、熱を下げることがなかなかできない場合に、胃腸薬と一緒に非ステロイド抗炎症薬を服用することで治るケースは多くあります。
いくら胃腸薬と併用しているとはいえ、服用によって胃に与えるダメージのことを考えるとあまり長期間飲み続けることは避けたいものです。
炎症や痛みを緩和させる方法は非ステロイド抗炎症薬を使う方法以外にもたくさんあるので、病院で医師と相談して他の治療方法を試みましょう。

関連記事