ボルタレンなどの医薬品は通販で購入できます

常備薬として使用頻度と必要性と緊急性を全て備えているのは解熱鎮痛薬でしょう。
例えば足が痛くて動けない状態など、病院やクリニックまで行くことすら難しい時にはとりあえず鎮痛剤を服用して動けるようになることが先決です。
解熱鎮痛薬の中で、もっとも作用が強いと言われるのはボルタレンですが、残念ながら現在のところ一般の薬局などで市販はされておらず、病院やクリニックで処方してもらう必要があります。
受診するためには痛みをおさえないといけないのに、痛みをおさえる薬は受診しなければ手に入れることができないのです。

また、なんとか受診できたとしても、処方回数には制限がありますので、次に痛みが出た時には薬がもう残っていない事も当然のようにあります。
そして同じように痛みを我慢しながら受診することになるのです。
このように突発的な強い痛み、怪我や病気のためにボルタレンが必要な場面などいくらでもあります。
また足腰や関節などに慢性的な痛みを抱えておられる人も同様です。
歩くだけでも痛いのに、痛みをおさえる薬を手に入れるために、痛い思いをしながら受診しなくてはならないのです。
もちろん受診してすぐに痛みが引くわけではありません。

通院して、待ち時間があって、受診して、会計して、処方箋をもらって、薬局で処方箋を提出して、薬を処方してもらって、やっと服用できるようになるのです。
一刻も早く痛みをおさえたいのに、これだけの過程と時間をかけないと痛み止めが飲めないのです。

ボルタレンを常備しておくことができれば、こんなことにはならずに済むのです。
この問題を解決する便利な方法が実はあるのです。
薬事法の改正に伴い、使用する本人が自己責任で購入、使用するのであれば、海外医薬品を購入することが可能となっています。
もちろん一般の人が自分で海外医薬品を購入するのは非常に難しいのですが、個人輸入代行サイトを利用すれば、ネット通販で簡単に購入できるのです。

個人輸入代行サイトで医薬品を購入するメリット

通販でボルタレンを購入できれば、常備しておくことができます。
常備しておくことができれば、先に書いたように痛い思いをして受診したり、長い待ち時間を我慢したりする必要も無くなります。
痛みに耐える時間を数時間単位で縮めることができるのです。
これはなによりのメリットと言えるでしょう。

ボルタレンを常備しておくことで、痛みが起こった時への不安感も相当に軽減されます。
しかし個人輸入代行サイトでの入手によるメリットはそれだけではありません。

まずネット通販での購入になりますので家から一歩も出ることがなく入手できます。
注文から到着まで数日から一週間程度かかりますが、この点は無くなる時点を予想して早めに注文しておけば問題にはなりません。
必要なものが数回のクリックで簡単便利に入手できるのです。

また通院や診察にかかる交通費や受診料なども一切不要となります。
ボルタレンは健康保険では25mg錠で1錠5円程度の負担になりますが、そのためにかかる経費は比べものになりません。
これに対してネット通販であれば、ボルタレンの正規品が25mg錠50錠1箱が1200~1300円程度、1錠あたり25円程度で販売されています。
交通費や受診料を考えれば同じ目的でも相当安く手に入ることになります。
海外医薬品では正規品だけではなくジェネリックも購入できます。
さらにお得に入手するためにはこれらを購入するのもよいでしょう。

同じ主成分で同じ効果を持つことが保証されているジェネリックですので心配は不要です。
激安、とまではいきませんが1錠22~23円程度のものが販売されています。
100錠単位での購入ですと200~300円程度安くなるだけですが少しでも安く同じ効果を得たい、そんな方は検討されてみてはいかがでしょう。
通販の場合送料も気になりますが、最近ではまとめ買いや一定額以上の購入でなくても一括で送料無料の個人輸入代行サイトも増えています。
従って純粋に薬代だけを支払い、他に余計な出費は一切ない、ということもできるのです。

個人輸入代行サイトを利用すれば、便利に安くしかも送料無料でボルタレンを入手でき、辛い痛みを我慢する時間をほんの少しにすることができます。
ただし個人輸入代行サイトでの薬剤の入手および使用は自己責任を伴います。
病状の変化、副作用の出現など可能性もありますので異常時には必ず受診の上医師の判断をあおいでみましょう。

関連記事